最近話題の家族葬におすすめな葬儀社を口コミから徹底比較してご紹介します

葬儀で用意するものリストまとめ

葬儀で用意するものリストまとめ

人が亡くなると葬儀をしなければなりません。
身内がいきなり亡くなると、残された遺族は茫然としてしまいます。
しかしこの世との決別をする意味でもしっかりお送りしてあげる必要があります。
また葬儀を行うなら、意外と必要なものが多いことに気が付くでしょう。
ここではそのような葬儀で、
用意しなければならないものをリスト化しました。
慌てないためにも一度参考にしてください。

 

葬儀の順番と流れについて

大きい流れとしては、亡くなってから火葬場までがあります。
多くの方が大抵病院で無くなります。
この時医師が死亡診断書を作成してくれます。
それを持って役所に死亡届を出します。
またその時、火葬許可証をもらいます。

この辺りの流れに関しては最近では葬儀社が手配してくれることもあります。
代行依頼書を葬儀社に依頼しておくと、死亡診断書の控えを持って市役所に届ける、火葬許可証をもらうという部分は遺族に代わって行ってくれます。

ご遺体は専門の方が身づくろいしてくれます。
納棺師(または湯灌師)と呼ばれる専門の作業をする方がご遺体の清掃や身づくろいをして、場合によってはメイクを施してくれます。

その後霊安室に棺ごと運び、葬儀の打ち合わせを葬儀担当者と行います。
決まったら葬儀会場、お坊さんの手配、通夜・告別式手配、火葬場の予約などを行います。

葬儀で必要なものリストや項目

一般的には葬儀にならないと思い出さないものも多いのですが、以下に葬儀の流れに従ってリストにしました。

 

(1)故人が着る衣装
これは死装束の意味ですが、亡くなった方を納棺するときに着せる衣装です。
最近では着物よりも故人が愛用した着物や洋服を着せるケースが多くなっています。

(2)故人が愛用した品
これは火葬するときに一緒に持たせてあげます。
あの世に行っても不自由しないための気持ちです。

(3)必要書類
死亡診断書と火葬許可証を用意します。
大抵は葬儀社が用意してくれます。

(4)連絡者リスト
故人が亡くなった時に親族や関係者に連絡を入れるリストです。
タイミング的には葬儀が固まった時点で連絡を入れると良いでしょう。
家族葬などの場合は参列者を呼ばないという選択もあります。

(5)菩提寺・お坊さんへの連絡とお布施
生前からお付き合いがある、代々お願いしているお寺があるなら葬儀日や場所、お布施を確認しておきましょう。
お車代も必要です。
実は一番問題なのがお布施(お経を読んでもらうお金)よりも戒名代だと言われています。
これはピンキリになっており、最近では高い戒名を敬遠する動きもあります。

(6)祭壇やお花などの飾り
これは葬儀社に相談すると予めセットが用意されています。
お花のランクもいろいろなタイプがあり、飾りつけも選べるようになっています。

(7)通夜振舞い
お通夜が終わると通夜振舞いというお食事を弔問客にお出しします。
これは食事や飲み物を供して、故人を偲ぶ場になります。
地域によっても違いがありますが、乾きもので済ますこともあります。

(8)火葬場で必要なもの
火葬で必要なものは基本的には葬儀社が用意します。
骨壺などはすでに用意されているはずです。
また火葬場では軽食などの飲食も可能になっています。
親戚が多く、待ち時間があるなら飲食を勧めて待って頂くのが良いでしょう。

(9)葬儀後の精進落とし
これは葬儀後に初七日法要の時に精進落としのお食事をすることです。
しかし遠方から来る親戚や知人を考えて、火葬当日に一緒に精進落としまでしてしまうケースが増えています。
本来は僧侶や関係者をねぎらう宴席です。

 

葬儀では見えない部分で色々必要なものが出てきます。
大抵は葬儀社の方が用意してくれるかプランを出してくれるので、迷うことは少なくなっています。
しかし知っていれば困ることはありません。
またしっかり相談すれば余計な出費を抑えることも可能です。
是非参考にしてください。