最近話題の家族葬におすすめな葬儀社を口コミから徹底比較してご紹介します

葬儀の規模によって差がある!支払うお布施の相場とは?

支払うお布施の料金相場布施とは仏教の修行の中の「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の一つです。
これは6つの徳目を実践すれば煩悩が消えて悟りの世界に行けるという意味があります。
中でも布施という修行は人に施しを与えるということです。
葬儀や法要で僧侶に渡すお布施は仏教の修行の一つから来ましたが、財施(金銭や衣類・食料を施すこと)と呼ばれるお布施の一つになります。
ここではお布施についてわかりやすくご紹介します。

葬儀や法要で必要なお布施に内容とは?

葬儀費用は最近になってからどんな項目があるか、色々な雑誌やインターネットの記事でわかるようになりました。
それまでは葬儀社やお寺などで葬儀費用の見積りがない、言い値が通っていた(そうでない場合もありますが)ということで不明確が場合も多かったようです。
中でもお布施というお寺や僧侶にお渡しするものは、葬儀社の見積りに含まれないことが多く、まだ不明確な部分も多いと言われています。
しかし最近ではこのお布施も相場がわかるようになってきました。

お布施の内容は大きく分けると3つあります。
まず読経料です。
これは僧侶にお経を読んで頂く(読経)費用です。
この読経料は場合によっては葬儀全体を通して次のようなシーンで随所に必要になります。

お通夜・告別式・火葬場(炉前読経)・初七日

一般的には上記を含めた全ての費用として読経料をお渡ししますが、通夜を省くような葬儀の場合は読経回数に対してお渡しするという方法もあります。

次によく話題にされる内容が戒名料です。
これは宗派によってもかなり値段の上下がありますが、生前にお勤めをした方ですでに戒名を付けて頂いている方以外は戒名のレベルによって値段が変わります。
院号(お寺・宗派・社会に貢献した人)と道号(仏教を会得した人)、位号(戒名の下に付く、信仰の深さを示す)があり、この3つをすべてつけると非常に高くなります。
高いもので100万以上するものもあります。
最後に僧侶に来ていただいた場合のお車代と御膳料があります。
これは自宅または葬儀場まで送迎をしない場合、別途お車代としてお渡しします。
また葬儀や火葬の後にお食事を僧侶がご辞退された場合に、御膳料を別途お渡しします。
必ずお渡ししないといけないという訳ではありませんが、お渡しするのが通例になっています。

葬儀の規模、地域の慣習によっても異なるお布施

読経料とお車・御膳料の2つは比較的わかりやすい相場になっています。
最近ではお寺などの金額に異を唱える方も多く、お寺離れが危惧されています。
そのためお布施に関してもかなり内容が開示され相場がわかるようになってきました。
ただしそれでも会社から出る見積りや1項目いくらというものはありません。
おおよそ読経料はお通夜・告別式・火葬場(炉前読経)・初七日(初七日は別途という場合もある)を含んで10万円から、100名程度の規模の葬儀になると30万程度が相場と言われています。
人数の多さ、葬儀の規模によっても変わります。
小さい葬儀という家族葬なら5万円からで済む場合もあります。

お車代や御膳料はいわゆるお足代という意味なので5千円から1万円が相場です。
これ以外に火葬場の係の方、通夜振舞いの係の方、霊柩車の運転手の方などに心付けをお支払い(お1人千円程度のチップのようなもの)をお支払いすることもあります。

最後に戒名料ですが、前段でもお伝えした通り下は10万円から上は100万円以上と宗派や戒律によっても変わります。
これも昔はどの程度その宗教に貢献したか、という信心によって決められていた部分もありましたが、最近ではお金次第という側面が強くなってきました。

お布施という考え方は戒名料も含めて、信仰する気持ちをお金に換えたものと考えてください。
10万円が安いか高いかはその方の気持ち次第でしょう。
このお布施が不明確になってきたのは、お寺との関係性の深さだと言われています。
お寺といつも交流があればお布施の額もだいたい把握できるのですが、葬儀や法要以外にほとんど交流がないとお布施も不明瞭になってきます。

お寺に確認したとしても「お気持ちで結構です」と返されることも多いので、「皆様はどのくらい包まれるのでしょうか」というように素直に聞き方を工夫して聞いてみるとよいでしょう。
本当に困った場合は、葬儀社に相談することも可能です。