最近話題の家族葬におすすめな葬儀社を口コミから徹底比較してご紹介します

知っておきたい、葬儀・葬式の基本マナー

知っておきたい、葬儀・葬式の基本マナー

お通夜や告別式といった葬儀はいきなり訪れます。
喪主の方や親族の方は突然のことなので非常に慌てる方もいらっしゃるでしょう。
また参列者も宗教や宗派、その地域によっても色々な方法があるので、失礼にならないように気を付けたいものです。
そこでここでは葬儀やお葬式の時に、喪主側や参列者のどちらも疑問に思われる基本的なマナーについて解説します。
知っていると慌てません。

 

喪主・遺族側の服装とマナーについて

喪主や遺族は喪服を着用しますが、男性はほとんどが略式礼装(洋装です)です。
女性は正式礼装(和装か洋装)を着ます。
子どもの場合は制服でも大丈夫ですが、なければ正式礼装ですが、地味な色合いの洋服でもかまいません。

派手な装いは避けて、肌が露出した洋服やお化粧も薄目にしておくのがマナーです。
アクセサリーは基本的にはつけないほうが良いでしょう。

 

○洋装

男性の略式礼装(洋服)はブラックスーツで無地のシャツ、靴下は黒です。
女性の正式礼装(洋服)は黒のアンサンブルやスーツ、ワンピースです。
黒無地で光沢がないデザインのものを選びます。
黒のストッキングを選びますが、タイツはあまり好ましくありません。
ロングヘアの方はまとめておくとよいでしょう。

 

○和装

女性の正式礼装の場合は、黒無地の染め抜き五つ紋付に黒帯を締めます。
素材は季節にあったものにします。
また白と黒で統一しておきます。
半襟、足袋、襦袢は白で統一、そのほかの小物は黒で統一します。
最近では一式レンタルできるのであまり心配する必要はありません。

 

○持ち物

持ち物は結婚指輪以外を付けませんが、パールだけは例外で付けても良いことになっています。
それは涙の象徴とされているので、唯一付けることができますが2連のものは不幸が重なるという意味になるので避けるほうが無難です。
バッグ類は黒の布製、ふくさも不祝儀袋を包むので用意しておきましょう。

 

○数珠

最後に数珠がよく論議されることがあります。
これは宗教や宗派によっても違うものなので、この場合は自分の宗派に合わせた数珠でかまいません。
また数珠の持ち方は、左手の親指と久足指の間に通しておきます。
その時房の部分は下にします。
二輪数珠の場合は二重にして持ちます。

 

参列者側の服装とマナーについて

お通夜や葬儀では参列者は略式の礼装でかまいません。

 

・男性はブラックスーツ

・女性は和装か洋装の無地色

 

を選びます。
小物類も派手なものは避けましょう。

 

○弔問
勘違いしやすいのが弔問です。
これは基本的に平服で伺います。
その理由はお通夜の前に駆け付けたという意味を示すために、葬儀の後は遺族を日常生活に戻してあげるためにも普段着で伺います。

 

○お通夜に参列する

お通夜に参列する場合は開式の20分ほど前に到着しておいたほうが良いでしょう。
開式の前に会場が開き、受付を行う時間があればその時に間に合えば構いません。
大抵はいきなり開式ではなく開場して受付をする時間が案内されていることもあります。
受付ではお悔やみを述べて、香典を提出して記帳を済ませておきましょう。

 

○弔辞

弔辞は故人を弔う言葉になります。
生前に故人と親しかった方が葬儀や告別式でお別れの言葉を述べるものです。
長さに決まりはなく、3分程度が目安になります。
堅苦しく考える必要はなく、自分の気持ちを素直に述べることが大切です。
ただし忌み言葉と言われる、くれぐれや再三といった重ね言葉は避けるようにします。
これらは不幸が重なるという意味につながります。
また死ぬや生きるという直接的表現も避けたほうが無難です。

弔辞はご遺族や参列者に不快感を与えないように述べましょう。
ゆっくり、はっきり読み、故人に語りかけてあげましょう。
同時に参列者、ご遺族にも聞いてもらうように、心を込めて読んでみてください。
それこそが最高のお弔いです。