最近話題の家族葬におすすめな葬儀社を口コミから徹底比較してご紹介します

葬儀の日程の決め方、押さえておくべきポイント

葬儀の日程の決め方、押さえておくべきポイント

 

お葬式は滅多に経験することではありません。
もちろんご親族にご高齢の方がいらっしゃる、身内にご高齢の方がいらっしゃったという理由で続けて葬儀をあげないといけない場合もあるでしょう。
しかしいつ葬儀をすればよいのか誰もがわからないことです。
一度行ったことがあってもかなり前だと忘れてしまうこともあります。
そこでここでは葬儀の日程の決め方や、抑えておくべきポイントについて解説します。

 

葬儀の一般的な日程とは

亡くなった後、お迎えから納棺(棺に納めること)は1日から1日半程度安置します。
これは法律で死後24時間は火葬できないという決まりがあるからです。
その意味から1日から1日半程度経ってからお通夜、その翌日に告別式を行います。
お通夜は火葬を行う前日になります。
告別式はその日のうちに火葬になります。

しかし火葬は火葬場の空き状況などもあり、必ず告別式を行った後にできるとは限りません。
もちろんお勤めいただく僧侶の予定なども考慮する必要があります。
整理しますと、

「亡くなってから火葬迄は約3日程度」

ということになります。

 

○火葬場

最近では都会の火葬場は常に混んでいると言われます。
少し不謹慎な話ですが、ご高齢で無くなる方の数が多いこと、火葬場が空いている日が決まっているなども要因と言われています。
また友引などは本来火葬場を開けない日となっていました。
しかし最近では友引でさえも年々火葬場の稼働率が上がっていると言われています。

縁起が悪いと言われていたのですが、現実的側面を考えるとそのようなことも言っていられないというのが本当のことで、火葬迄に数日かかるということも増えてきました。

実はご葬儀が出来たとしてもこの火葬がスムーズにいかないということも増えてきました。

 

葬儀・告別式の時間とは

お通夜の翌日に葬儀と告別式を行うようになります。
この葬儀と告別式には開始時間に幅があります。
例えば朝10時から始める場合もあり、午後から始めることもあります。
開始前には遺族や親族は集まっておかねばなりません(だいたい1時間程度前が理想的)。

会葬する方は告別式会場に20分ほど前についているのが本来は礼儀です。
ただし、開場から告別式の案内の時間が連絡されているはずなので、開場のかなり前に行くとかえって失礼になることもあります。
開場が10時、告別式が10時半からなら告別式会場には9時10分ほど前で十分です。

 

○告別式

告別式は葬儀会社に頼んでおくと葬儀ディレクターの方がアナウンスやご案内をしてくれます。
またそれに従ってお坊さんが読経や焼香を行ってくれます。
時間にすると約30分程度でしょう。
閉会後は親しい方だけで出棺します。
これは出棺した後、火葬場に行きますが、告別式に参加した方がお見送りします。

火葬場では火葬場の職員の方の指示に従います。
この時もお坊さんがいらっしゃり、火葬前に読経と焼香を行ってくれます。
火葬は火葬場によっても変わりますが、約1時間~1時間半程度で終わります(その時の火葬場の込み具合などにもよる)。

 

葬儀の日程の決め方ポイント

葬儀日程を決める一番のポイントは、

・希望するご葬儀の方法

・菩提寺の僧侶の予定

・火葬場の空き具合

で決めます。
人は亡くなると慌ててしまいますが、大抵は病院経由で葬儀会社を紹介されることがあるようです。

 

○葬儀方法
もちろん葬儀方法は一般の方法か家族葬、火葬式や直葬(火葬だけ)という方法もあります。
通夜を行わず告別式と火葬だけ行う方法もあります。

故人とご家族の考えでどの方法が適しているかを考えて選ぶほうが良いでしょう。
また菩提寺があっても、普段からお付き合いがないということなら、葬儀社が紹介するお坊さんでもかまいません。
ただし菩提寺にお墓がある場合は後の事を考えてお願いしたほうが良い場合もあります。

また一番問題になるのが火葬場の空き具合です。
実際に最近では火葬場で火葬されるまで3日や4日待つというケースもあるといいます。
これもタイミングなので事前に火葬場の空き状況をしっかり確認しておきましょう。