最近話題の家族葬におすすめな葬儀社を口コミから徹底比較してご紹介します

高齢者が参列者が多い葬儀で注意したい点とは?

高齢の方に参列していただく場合葬儀と一口に言っても色々なパターンが増えています。
少子高齢化に伴い、都内にはお墓不足、逆に地方では墓守(お墓を継ぐ人)の数が減っています。
そして近年注目されるようになったのが、高齢者の葬儀です。
高齢者が亡くなると当然、ご友人やお知り合いの参列者は高齢になります。
そこでここでは高齢者の参列者が多い葬儀の注意点を解説します。
葬儀の方法についてもご紹介しますので、是非参考にしてください。

 

高齢者の葬儀に心配される問題とは

日本人の平均寿命は今や世界でもトップクラスになりました。
女性なら87歳、男性なら80歳と言われています。
今から四半世紀前までは平均寿命も延びつつ、現役から引退してすぐや現役で亡くなる方のいらっしゃったため、一般の会葬者も参列されていました。
また核家族化が今ほど進んでいないため、親戚縁者を含め、町内でも葬儀に参列したものでした。
ところが最近は高齢化が進み、参列者が少ないということもあります。
また高齢者になるということはそれだけ生活費もかかります(長生きがマイナスだという意味ではありません)。
年金受給者として生活していくと葬儀費用も馬鹿になりません。
そこで家族葬や小さいお葬式という考えが広まってきました。
これなら家族と親しい人のみでゆっくりと送ることができます。
それ以外に一般葬を行うにしても、最近の「小さいお葬式」という方法もあるので参列者を心配する必要がありません。
小さいお葬式が増えた理由は、こうした高齢化による参列者の問題もあるからです。

高齢者に高齢者の葬儀に参列していただく場合

どんな葬儀でも高齢者に参列していただく場合はいくつか注意が必要です。
亡くなった方が高齢者であれば、当然参列される親しい方や縁故のある方も高齢者です。
そうなると葬儀場の駐車場やトイレはバリアフリーに対応している必要があります。
これらは事前に葬儀場に確認しておくとよいでしょう。
最近はどの葬儀場も駐車場が完備されていますが、中には駐車場から葬儀場まで距離があるところもあります。
車椅子で参列する方のことも考えて、動線が良いかどうかも事前に確認しておきましょう。
そして最も注意したのは「高齢者は参加できないこともある」ということです。
これは高齢で足腰が悪い、病気療養中である、遠方なので行けない(付き添いがないといけない)、日程が合わないという理由です。
高齢者は義理堅く参加したいというお気持ちをお持ちの方も多いのですが、実際に80代以上で、自立して元気に参加できる人がどのくらいいるでしょうか。
特に遠方であればあるほど難しくなります。
そんな場合は身内だけで済ませられる家族葬にすれば、お知り合いの高齢者の方にも「身内で済ませました」とお伝えできます。
余計な負担をかけずに済む場合もあります。
家族葬には賛否があるでしょうが、故人第一であると同時に、親しい高齢者にとってもやさしい方法になることがあります。
気が済まないという参列者の方なら、葬儀の日に電報を送り後でお香典だけ送付する方もいらっしゃいます。

高齢者の参列者の多い葬儀は故人ベースで考える

亡くなった方が高齢者なら、参列者の心配(数が少ない)があるでしょう。
そんな場合は家族葬や小さいお葬式(一般葬)にしてしまえば心配がありません。
高齢者が参列する葬儀の場合は、しっかりバリアフリー設備があるか、駐車場の動線などを確かめましょう。
都市部では5割が家族葬だと言われています。
これは葬儀を簡素化したいという意味ではなく、高齢者を送る場合の参列者を想定していることも多いからです。
中には直葬(ちょくそう・火葬のみ)も16%以上と増大しているという声もあります。
これらの背景は高齢者の葬儀が増え、参列者が高齢者でることも起因しています。どの方法でお送りするにしても、故人と家族が納得する葬儀を選択してください。どの方法でも故人をお送りする気持ちに変りはありません。