最近話題の家族葬におすすめな葬儀社を口コミから徹底比較してご紹介します

葬儀と葬式の香典はいくらが平均なのか

葬儀と葬式の香典はいくらが平均なのか

葬儀と葬式には覚えておかなければいけないルールやマナーがあります。
その中で、葬儀や葬式に持っていかなければならないもののひとつに香典があります。

香典とは亡くなった方に対して弔いの意味を込めて線香やお花の代わりに備える金品のことをいいます
この金品というのは、現金を不祝儀用の袋に入れて包んだものを指しています。
しかし、一体どれくらいの現金を包むのが一般的なのでしょう。

 

香典の平均的な額とは?

まず、香典故人との関係が深ければ深いほど金額が高くなるのが一般的です。
また生前の付き合い具合によっても金額は大きく変わります
さらに、故人の年齢や立場なども参考にしなければなりません。
これらのことを踏まえて平均的な額は次の通りとなっています。

故人が両親や兄弟姉妹の場合
両親や兄弟姉妹への香典の金額は血縁関係が特に深いので、あなたが20代・30代なら3万円から5万円くらいで、40代以上なら10万円くらいを包むことが平均的な相場となっています。

故人が伯父や伯母の場合
伯父や伯母の場合は生前どれだけ付き合ったか又はお世話になったかによって変わります。
そして相場としては、あなたが20代・30代なら1万円から2万円くらいで、40代以上なら1万円から5万円が平均です。

故人が友人や知人の場合
基本的に友人や知人は血縁関係がないことがほとんどなので、特別親交が深くなければそこまでたくさん包む必要はありません。
相場についてはあなたの年齢にかかわらず、5千円から1万円くらいが平均的な額となっています。

④故人が会社や勤め先の方の場合
会社や勤め先でお世話になった方であなたより立場が後輩又は同僚という場合は5千円くらい、そして上司や先輩などの高い立場の場合は1万円くらいが平均的な相場です。

⑤故人がご近所の方の場合
ご近所の場合は、隣人であればあなたの年齢にかかわらず5千円から1万円くらいでそれ以外の場合は3千円から5千円くらいが平均相場となっています。

主な、香典の金額は以上となっています。
もちろんこれはあくまで平均的な金額の目安なので、場合によっては地域や親族の間で香典の金額に関する決まりやしきたりがあるため注意が必要です。

 

香典を包む時の注意点!

また、香典を包む際には何点か注意しなければならないポイントがあります
それはどんなものでしょう。

① できる限り新札は使わない
あらかじめ用意していた印象を与える新札はできるだけ使用しないように気をつけることがポイントです。
ですから、ある程度使い込んである古いお札を香典に使うといいです

しかし、どうしても新札しかないという場合には2、3回折り目を付けて包めば大丈夫です。
また「新札はマナー違反だから」という理由であまりにもボロボロでシワのついている古いお札を使うと相手側に失礼になるので避けましょう。

②金額に関して注意をしよう
一般的に、「4」や「9」といった数字の金額は避けた方がいいです
なぜなら「4」や「9」は苦しむという意味や死といった悪いものを連想させてしまうからです。
そのため4千円や4万円、また9千円や9万円といった金額を包まないようにすることが重要です。

③お札の向きを揃えよう
お札を2枚以上入れると言う場合には、きちんと向きを揃えるようにすることが大切です。
もし、バラバラの向きで入れてしまうと人によっては不快感を抱く方もいます。
ですから、お札の向きに関してしっかり気をつけましょう。

 

葬儀と葬式の香典に関することを理解しておこう!

このような香典の金額の相場や注意点をきちんと理解しておくと相手側に負担をかけずに済みます。
ですから、是非頭の中に入れておくといいです。