最近話題の家族葬におすすめな葬儀社を口コミから徹底比較してご紹介します

小さな子どもを連れて葬儀に参列する際の注意点

小さな子どもを連れて葬儀に参列する際の注意点

葬儀は予定しないでいきなり執り行われます。
突然なので小さい子どもをお持ちの方は連れていくべきかどうか悩むところでしょう。
特に関係性が深い方が亡くなるとどうしても子どもを連れて行きたいという気持ちになるでしょう。
しかし長い時間じっとしていられるかという不安もあり、小さい子どもを葬儀に連れて行くべきか判断に迷うはずです。
そこでここでは子どもを葬儀に参列させるべきかどうかを解説していきます。

 

いろいろな考え方があるでしょうがご一読いただき、是非参考にしてください。

子どもを葬儀に参加させるのは非常識という考え方もあるが…

最近では居酒屋でさえ小さいお子さん連れOKのところがあるのに、葬儀に関しては保守的な考え方があるのも事実です。
年齢にもよりますが、学齢期に達していない小さい子どもの場合は、長時間大人しくできないことも多いはずです。

葬儀というのは色々な方が参列されますが、特に年配者が多い場合があります。
最近では長生きすることが多くなったので高齢者の葬儀をする場合でもすでにお友達や知り合いが亡くなっているというケースが増えています。

 

○家族葬
そのため親族だけの家族葬というものが増えてきました。
これなら家族葬なので小さい子どもが参列しても何ら問題になりません。

むしろ葬儀場では賑わいがあってよい、という意見さえ出るときがあります。
ただしこれは親族だけに通用する話で、両親の会社関係者や遠い親戚、お世話になった親しい方(他人)の葬儀には小さい子どもは参列させるべきではない、という意見の方がいるのは確かです。
子どもを連れて参列すると非常識だという意見がある一方で、

「こんなに小さい子どもまで弔ってもらえるので故人は幸せだった」

と考える人もいます。

 

実は正解はないので臨機応変に判断すること

これは小さい子どもを参列させるべきではないという非常識論と、そこまで厳しくすべきなのかという参加賛成論の両方があります。
もし長い間我慢できる子どもなら責められることもありません。
また参列する時は最低限のマナーを守り、できない場合は最初からそのように遺族にお伝えしておけばよい話です。

一般的には子どもとの関係がお祖父さんやお祖母さん、叔父さんや叔母さんになると子どもが小さくても参列しているケースがほとんどです。
これは最後のお別れを子どもにもさせたいと考えているからです。
そして孫や姪・甥にあたる子どもが人生で初めて「死」という概念に直面する時です。
そのために大目に見るというケースも沢山あります。

お坊さんが読経する時に大泣きしてしまった子どもがいても、後でお坊さんが「お孫さんが元気な声でお見送りしてくれました」と後でフォローしてくれることもあります。
そもそも日本の葬儀の習慣はそれほど正式な場ではなかったはずですが、長い時間を経て形骸化されてきたというのが本当のところでしょう。

昔は亡くなる人は年配者ならやはり親戚縁者が集まり、子や孫が式場にうろうろしていたものです。
しかしいつしか自宅で葬儀を行うことは減り、葬儀場や専門の会場で行うことが多くなりました。
そして儀式化して礼儀作法につながるようになりました。

子どもを参列させるべきかのポイント

どうしても長時間参列できない、と判断したら夫婦のどちらかが参列してどちらかが子どもの面倒を見るしかありません。
また知人や両親、預けられるところがあれば預けて夫婦だけで参列するという方法もあります。

また参列するときに後ろの方に座り(親族でないなら)、むずがり出したら外に出る許可を予め取っておくのも良い方法です。
また事前に子どもも参列して良いかどうかも必ず聞いておきましょう。
葬儀場でも子どもの参列に慣れているので、授乳室があるところやキッズスペースがあるところもあります。

昔からお葬式は孫の祭りとも呼ばれて、孫が葬儀で騒ぐのは亡くなった方が長生きした証とも呼ばれて喜ばしいとされてきました。
もしもこのような事があれば、夫婦でよく話し合い、先方の方にも参列可能かどうかをしっかり聞いておきましょう。